お問い合わせ・ご相談

医療法人北辰会 天の川病院 電話番号072-847-2606

【診察時間】

9:00〜12:00 / 13:00〜15:30

リウマチ膠原病内科 メインビジュアル

リウマチ膠原病内科

診療の特徴・特色

  • 迅速な血液検査・画像検査
  • 緊急入院も可能
  • 予約なし診察
  • 他の診療科との連携
  • 母性外来のサポート

関節リウマチや膠原病はできるだけ早く診断し、適切な治療を行うことが必要です。
診断・評価には、自己抗体などの血液検査、関節エコー検査、CT検査、MRI検査が必要となります。
天の川病院では、リウマチ専門医による適切な診断、治療を行うとともに、皮膚科や整形外科などと連携し全身の管理を行います。
また、リウマチや膠原病の病気のみならず、合併症などの管理、治療も行います。

このような症状ございませんか?

関節痛、筋肉痛、原因不明の発熱、皮疹などが出てきた場合、リウマチや膠原病の可能性があります。
リウマチや膠原病は、血液検査のみでは診断ができないことが多く、一度専門医の診察を受けることをおすすめいたします。また、息切れ、足のむくみ、しびれなども膠原病などと関連がある場合もありますので、気になることがあれば、一度ご相談ください。

診療内容

関節リウマチ

関節リウマチとは?

関節リウマチは、関節の腫れや痛み、朝のこわばりで発症し、適切な治療をしないと関節の変形を来す病気です。
痛みや腫れる関節は、手や手指、足の指などによくみられますが、膝、肘、肩、首などの関節にも痛みや腫れが出てくることがあります。
関節の症状以外に、微熱や倦怠感、咳や息切れなどの症状がでることもあります。
関節を守るために、できるだけ早期に診断し、適切な治療を行うことが必要です。

どのように診断するのでしょうか?

関節リウマチの診断は、患者さま自身の症状、持続期間、血液検査、診察所見などを組み合わせて診断します。
血液検査には、免疫学的検査である抗環状シトルリン化ペプチド抗体(抗CCP抗体、ACPA)やリウマトイド因子(RF)や、炎症マーカーであるCRP、赤沈、MMP-3などがあります。

診察所見は、実際に関節を触り、腫れているか、痛みがあるかどうかをみます。
血液検査は、非常に有用な検査方法ですが、全ての患者さまで異常値を認めるわけではありません。
そのため、関節レントゲン、関節エコー検査、関節MRI検査などをあわせて行うことが診断や病気の強さをみるためには有用です。

特に関節エコー検査は、レントゲンや診察で異常が見つからない場合においても、早期に異常を発見できることがあり、診断の補助、現在の活動性の評価として非常に有用な検査です。
天の川病院では患者さまの診察時、必要な時にすぐにエコーで評価できるように取り組んでいます。

どのような治療薬があるのでしょうか?

近年、疾患修飾性抗リウマチ薬と生物学的製剤、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の登場により、関節リウマチの治療は大きく変わってきています。
それらの治療薬を適切に使うことで関節の変形や破壊をとめることが可能となってきました。

関節リウマチ治療の基本は、疾患修飾性抗リウマチ薬です。
特にメトトレキサート(MTX/リウマトレックス®、メトトレキサート®)は、関節リウマチ患者さまの第一選択薬となります。
そのため、適応のある患者さまはこのMTXを中心に治療を行います。
一方で、高齢者、腎機能が低下している患者さま、間質性肺炎を合併している患者さま、妊娠中や授乳中の患者さまなどに対してはMTXを積極的に使用することが困難です。
そういった患者さまには、症状や合併症の有無を評価して、他の抗リウマチ薬(アザルフィジン、ケアラム、プログラフなど)を使用します。
また、MTXや他の抗リウマチ薬を2、3種類組み合わせて使用する場合もあります。

抗リウマチ薬を十分に使っても症状が改善しない場合、生物学的製剤やJAK阻害剤による治療を検討します。
生物学的製剤は、炎症を引き起こす原因物質であるサイトカイン(TNFαやIL-6)などを阻害することで、関節の症状を抑え、関節破壊の進行を止めることができます。

天の川病院では、インフリキシマブ(レミケード®)、エタネルセプト(エンブレル®)、アダリムマブ(ヒュミラ®)、トシリズマブ(アクテムラ®)、アバタセプト(オレンシア®)、ゴリムマブ(シンポニー®)、セルトリズマブ(シムジア®)、サリムマブ(ケブザラ®))などの薬剤が使用できます。
これらの薬剤は、抗リウマチ薬と比較し、より早期に関節の症状が改善するといわれています。

JAK阻害剤も抗リウマチ薬で効果が得られない患者さまに検討される薬剤です。
生物学的製剤と同等の効果があるとされています。
現在は5種類(トファシチニブ(ゼルヤンツ®)、バリシチニブ(オルミエント®)、ペフィシチニブ(スマイラフ®)、ウパダシチニブ(リンヴォック®)、フィルゴチニブ(ジセレカ®)の薬剤があります。

天の川病院では、リウマチ専門医が個々の患者さまの状態に合わせた治療方法を提案しています。

乾癬性関節炎

乾癬性関節炎は、乾癬という全身の皮膚に紅斑が多発する皮膚の炎症性疾患に関節炎が合併する病気です。
乾癬性関節炎に対して、近年様々な機序の生物学的製剤が出てきております。
患者さまの状態に合わせて治療を提供します。
また、乾癬は多くの併存症(メタボリック症候群、糖尿病、心血管系障害など)があり、それらのマネージメントも必要です。
天の川病院では、皮膚科やリウマチ膠原病内科が連携し治療を行っていきます。

全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデスは皮膚症状、関節症状、発熱、全身倦怠感などの症状を来します。
腎臓や腸など全身の合併症を来しうる疾患です。
ステロイドに加えて、プラケニル®、プログラフ®などの内服薬やベンリスタ®などの点滴、皮下注射製剤を用いて治療を行います。

その他の膠原病、自己炎症性疾患

全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、皮膚筋炎、血管炎症候群(高安動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、多発血管炎性肉芽腫症、巨細胞性動脈炎など)、全身性強皮症、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症候群、成人発症スチル病、ベーチェット病、再発性多発軟骨炎、強直性脊椎炎、IgG4関連疾患、若年性特発性関節炎、肺高血圧症、間質性肺炎、家族性地中海熱などが対象疾患です。

当科で行える検査、治療

血液検査、関節エコー検査、MRI検査、CT検査などを用いて、関節リウマチや膠原病の診断を行います。
また、治療に関しては、抗リウマチ薬や免疫抑制剤に加えて、生物学的製剤など最新の治療を患者さまに合わせて提供します。

天の川病院では、関節リウマチ、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、全身性エリテマトーデス、ベーチェット病、自己炎症性疾患などに対する生物学的製剤(レミケード®、オレンシア®、アクテムラ®、ケブザラ®、シンポニー®、ヒュミラ®、エンブレル®など)や、JAK阻害剤は全て使用可能であり、安全性に注意を払いながら患者さまに合わせて使用しています。

リウマチ膠原病内科 特設ページ

診療時間

午前
9:00〜12:00
午後
13:00〜15:30

担当表

午前 吉田 木村 吉田/木村
午後 木村 吉田 木村
午前 木村 吉田/木村
午後
午前 吉田 木村 吉田/木村 木村 吉田/木村
午後 木村 吉田 木村

予約のみ(不定期)

ご予約・予約変更は平日15〜17時にお電話で受付けています。

担当医

  • 副院長 吉田 周造医師の写真

    副院長 リウマチ膠原病センター長
    リウマチ膠原病内科

    吉田 周造

    経歴

    • 医学博士
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員
    • 日本アフェレシス学会専門医・評議員
    • インフェクションコントロールドクター
  • リウマチ膠原病副センター長 木村 侑子医師の写真

    リウマチ膠原病副センター長
    内科、リウマチ膠原病内科

    木村 侑子

    経歴

    • 医学博士
    • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
    • 日本リウマチ学会 専門医・指導医・ソノグラファー
    • 日本リウマチ財団 財団登録医
    • 認知症サポート医
    • 臨床研修指導医
    • インフェクションコントロールドクター

地域の医院・クリニックへ

天の川病院では、リウマチや膠原病の診断から治療を行っております。
また、治療経過中に認められる合併症に対する入院での加療にも対応しますのでご連絡ください。
緊急の診察や入院加療が必要な場合、一度天の川病院にご連絡ください(外来日以外でも担当医がいる場合には対応いたします)。